「ヌーの大移動 〜迫る危機の中で〜」

宇宙からも見えるという、壮大なヌーの大移動。生態系の維持にも欠かせない大切な営みだが、人間によって新たな危機にさらされている。現地ガイドの視点で実態を見つめる。 アフリカで繰り広げられるヌーの大移動。その移動距離は1年で3000キロに及び、宇宙からも見えるという。大地はヌーの蹄によって耕され、排泄物から栄養を得る。大移動はサバンナの維持に欠かせないのだ。しかし今、人間による新たな脅威にさらされている。大迫力の川渡りでは、観光客の車が邪魔をし、現地の人が設置するフェンスは移動ルートを寸断する。ヌー大移動の現状を、現地ガイドの視点で伝える。(英米2022年)

  • 番組情報
  • その他の情報
  • 詳細記事