「“ナガサキ”の痕跡と生きて 〜188枚の“令和 原爆の絵”〜」

初回放送日: 2022年8月13日

NHKと長崎原爆資料館が昭和・平成に続いて去年、募集を行った「令和原爆の絵」。被爆者たちが描いた絵には原爆の悲惨さだけでなく、戦後の人生がにじみ出ていた。船員として世界を旅し、アメリカへの憎しみを抱き続けてきた男性が人生の航海の末に辿りついた戦争の意味とは。防空壕で見た夫婦の姿を心に背負ってきた女性が、描くことを決めた理由とは。核の脅威が高まる今、壮絶な光景の絵で孫と対話した89歳の思いにも迫る。