ニュース速報

「江川卓〜豪雪の地から炭鉱へ 父が歩んだ歳月〜」

江川家は元々、新潟県阿賀町の雪深い集落にあった。父が10歳の時に、十分な教育が受けられるようにと、福島県いわきの炭鉱町へと向かう。そこに、同様に福井県の豪雪地から出てきた母の家族がいた。炭鉱で出会った父と母。その後、江川家は炭鉱の変遷と共に、静岡県佐久間、栃木県小山へと移り住む。そして江川さんは、作新学院、法政大学、巨人軍へと。あの「空白の一日」も含めた激動の日々には、父の思いが隠されていた。