ニュース速報

「筑波」

「西の富士、東の筑波」。江戸時代から富士山と並び称されてきた筑波山。山全体が神の領域とされ、信仰の対象として万葉の時代から多くの歌に詠まれてきた。冬は深い雪に閉ざされる富士と異なり、一年を通じて人々が集いにぎわう。ご存知ガマの油売り口上、独特の気候が育てる恵みの果実、そして修験の山としての姿。「聖」と「俗」、全てを見守り包みこんできた山、筑波山。山とともにある山ろくの風土の物語。(2014年放送)