"どうしてもやりたい番組だった” 声優・古谷徹さん 『クロ現+』との6年間

NHK
2022年3月16日 午後11:00 公開

<古谷徹さんからのメッセージ>

6年前にNHK報道の看板番組である『クローズアップ現代+』のオーディションを自ら望んで受けた時、どうしてもやりたいと思いました。

30年以上ナレーターとして自分なりのスタイルを培ってきましたが、この番組がその集大成になると思ったからです。

現代に生きる人々が直面している様々なテーマに触れるのが楽しみでした。各回のテーマごとに喋りのニュアンスやトーンなどを変えて、視聴者の方々が聴き易く、共感し易い語りを心がけたつもりです。

参加させて頂いたおかげで現代社会の一員として、そしてナレーターとして大変、勉強になりました。

リニューアルということで卒業しなければならないのは、とても残念ですが、番組ファンとして新たな『クローズアップ現代』を楽しみにしております。

(2022年3月16日 古谷 徹)

左から 保里小百合キャスター/古谷さん/井上裕貴キャスター