ニュース速報

    「ローン破綻!家賃が払えない! 身近に迫る“住居喪失クライシス”」

    新型コロナでローン破綻▽住み慣れた我が家を手放すなんて!迫る住居喪失の危機▽支援の申請が急増!公的窓口も疲弊▽入居の初期費用を支援!動き始めた民間団体 新型コロナの影響が長引く中、多くの人が「住居を失う危機」に直面している。不動産会社には、家を売却する人の相談が急増。住宅ローンが支払えなくなり自宅を手放す人が、8月から続出している。さらに、家賃を支援する制度「住居確保給付金」の申請も殺到。給付金は最長9か月で打ち切られるため、年末にかけ住居を失う人が増えると懸念されている。住まいを失う危機にある人をどう支えていくべきか?様々な現場を通して考える。