ニュース速報

    「戦争の記憶をつなぐ資料館・慰霊碑の危機 貴重な資料が散逸」

    ネットにあふれる戦争遺品…保管の受け皿が足りない▽担い手も資金も足りず…各地で資料館が閉鎖▽慰霊碑の維持管理もぎりぎりの状況に・複雑な遺族の思い 全国の資料館・博物館にNHKがアンケート。施設の維持管理や戦争遺品の保管などについて、さまざまな課題に直面する切実な声が寄せられた▽市民が参加し、議論を重ねながら資料を残していく方法を考え始めた地域も▽6月にリニューアルオープンした東京大空襲の被害を伝える「東京大空襲・戦災資料センター」。「若い世代に見てもらい、戦争や空襲を追体験する場にしてほしい」と語る▽戦後75年の夏に考える