ニュース速報

    「【核燃料サイクル】なぜ?“幻”の見直し 独自取材で迫る!」

    使用済み核燃料からプルトニウムを取り出し再利用する事業費16兆円超の国家プロジェクト・見直せないかという動きがあったが「継続」判断のなぜ▽さまざまなジレンマが… いわゆる「核のごみ」の最終処分場の選定をめぐり、北海道の自治体が調査の第一段階となる文献調査を受け入れることを決めるなどさまざまな動きが起きているいま考える▽昭和30年代に“夢のエネルギー”として構想された「核燃料サイクル」・複雑な仕組みをわかりやすく▽コストはどのくらい?今後膨らむ可能性は?国民の負担は?▽原発事故後のいま何が起きているのか