ニュース速報

「世界が認めた庭園デザイナー どん底からの金メダル」

癒やしの庭園に長濱ねるも感動。世界最古のガーデンコンクールで金メダルを11個獲得した庭園デザイナーが主人公。大水害に多額の借金。再起不能の瀬戸際から飛躍を遂げる 主人公は庭園デザイナーの石原和幸さん。世界最古のガーデンコンクールで金メダルを11個獲得。各国から発注が相次ぐ。今でこそ華やかな舞台で活躍するが、子供の頃は劣等感の塊。勉強もできず「褒められたことがなかった」という。20代で花屋を開業するも、長崎大水害で廃業。その後、店を再建し、バブルの波に乗ってビジネスを拡大するが、結局8億円の借金を背負う。そんな中、偶然頼まれた庭づくりが逆転のきっかけとなる。