ニュース速報

    「認知症の親が鉄道事故に 社会を動かした逆転裁判」

    認知症の人が事故にあった時、家族の責任はどうなるのか?目を離した隙に外出し、電車にはねられた認知症の父。遺族と鉄道会社は、振り替え輸送費などの賠償をめぐり裁判に 「認知症の人や家族が抱えるリスクを社会全体で支えよう」という認識を広げた裁判がある。高井隆一さんは家族で協力し、認知症の父親を在宅介護していた。しかし目を離した隙に外出し、鉄道事故に。振り替え輸送費など鉄道会社への賠償をめぐって裁判になった。1審では「高井さんらが監督義務者にあたる」「介護に過失があった」などとして敗訴。介護現場に動揺が広がった。その後、最高裁まで争い逆転勝訴。社会に影響を与えた。