ニュース速報

    介護百人一首 2020 「春編 その二」

    初回放送日: 2020年8月4日

    介護する人される人、日々の介護生活の中でふと心に浮かんだこと、ある出来事の情景を詠んだ「介護百人一首2020」今回は春編その二。兵庫県香美町の藤原町子さんの歌「握りしめいる義母の手を開きやれば満載となる春の光が」左半身にまひが残った姑(しゅうとめ)の手はいつも固く閉じられていました。そのほかの歌もご紹介します。介護のやさしさに触れてください。