ニュース速報

    水害から命を守る (1)「障害がある人の“避難行動”」

    梅雨から秋にかけて多発する水害。年々増加傾向にあり、全国各地で大きな被害が相次いでいる。そうした中、障害のある人たちの備えや支援をどうするか、考える。「避難の判断」。豪雨や台風が迫ってきた際、当事者の中には、歩行や移動が困難などの理由で避難が難しい人も少なくない。避難すべきかどうかの判断基準やタイミング、避難先や避難方法などについて、専門家とともに検証する。手話通訳あり