ニュース速報

    選 がんと共に生きるAYA世代 (2)「子どもを授かること」

    日本人の2人に1人がり患すると言われる、がん。特集・若い世代のがん、第2回は「子どもを授かること」。治療の副作用などで、妊よう性(妊娠する・させる力)を失う可能性と向き合う、がんサバイバーたち。卵子や精子を凍結する技術も進んでいるが、治療との両立などで、実際に選択する人は多くない。妊よう性を温存しないという苦渋の決断をした女性や、養子縁組を結んだ夫婦などを取材。子どもを巡るそれぞれの選択を伝える。