ニュース速報

    選NHKハート展 (1)「生まれたての文字」

    障害のある人が書いた詩に、各界の著名人がアート作品を寄せる、「NHKハート展」。今回、紹介する詩は『生まれたての文字』。詩を書いた関根晴美さんは、病気の影響で、首から下にまひがあります。心に浮かぶ不安やモヤモヤを「文字にしたい」と思い、わずかに動く手でノートに詩をつづってきました。「文字にすると気持ちが少し軽くなる」という関根さん。詩にどのような思いを込めたのか、取材しました。