ニュース速報

ひきこもり新時代2019 (2)「ひきこもり文学」

「ひきこもり」の当事者や経験者が発信するウェブ・雑誌メディア「ひきポス」。そこに寄せられた手記には「家族から“恥”として隠されてきた」「時代から取り残されるような不安」など、あまり知られてこなかった本人たちのホンネがつづられている。川崎市で「ひきこもり傾向がある」とされる男による殺傷事件が起き、偏見の助長が懸念される中で、ひきこもりの本人たちは何を思うのか、筆者による手記の朗読を通して耳を傾ける。