ニュース速報

私のリハビリ・介護 「笑顔で送るために 安藤和津」

安藤和津さんは、脳腫瘍を患う母の介護をきっかけにうつになり、苦しんだ。寝る暇もなくなったが、完璧を目指して自らを追いつめてしまった。そして「介護うつ」に。母が亡くなった後も、感情がわいてこない日々が続いた。長いうつを抜け出した今、安藤さんは無理をしないことが大切だと言う。そして「笑顔で送ることができれば、介護される人も幸せなはず」と語る。家族が共に幸せに過ごすために大切なこととは何か。思いに迫る。