ニュース速報

「故郷へ〜サハリン“樺太”で生まれた ろう者の戦後〜」

かつて「樺太」と呼ばれ、日本の統治下にあったサハリン。去年の6月、この地を75年ぶりに訪れた人がいます。村川健雄さん、耳が聞こえないろう者です。そして10月、今度はサハリンで暮らすろう者が初めて日本にやってきました。ヒラヌマ・ニコライさん。サハリンと日本、二人はこれまで二つの“故郷”に思いをはせ続けてきました。これまで見過ごされてきた「樺太」出身のろう者たち。知られざる戦後、重い歴史の記録です。