「日航機墜落事故 遺族の37年 そして絵本が生まれた(後編)」

    初回放送日: 2022年1月19日

    520人が亡くなった日航機墜落事故。ノンフィクション作家・柳田邦男さん(85)が現場となった山に登り続ける中で1冊の絵本が生まれた。文を書いたのは、当時9歳の子どもを失った美谷島邦子さん。絵は、柳田さんの妻で絵本作家のいせひでこさん。わが子との「さよならのない別れ」に30年以上苦しみ続けていた美谷島さんは、足かけ5年に及ぶ制作を通じて、「さよなら」の声を聞いたという。2回シリーズの後編。