ニュース速報

シリーズ 水俣から考える (1)「漁師・緒方正人さん」

新型コロナによる偏見や差別が広がる今、かつて同じような対立と分断を生んだ公害・水俣病から考える2回シリーズ。漁師の緒方正人さんは、急性劇症型の水俣病で父を失い、自らも壮絶な差別や偏見を経験した。父の敵を討ちたいと患者運動に没頭するが、一方で被害者と加害者の二元論で考えることに大きな矛盾を感じていく。不条理な苦難を強いられながらも、憎しみや怒りを超えた先で生きる道を見出してきた緒方さんの言葉を聞く。