ニュース速報

    「九州 もうひとつの関ヶ原 〜軍師・官兵衛 知られざる野望〜」

    秀吉の天下統一を支えた軍師・黒田官兵衛。関ヶ原の合戦の際に、金で集めた兵を使って九州をほとんど制圧してしまう。天下を狙う野心があったともいわれる、その真実とは。 秀吉は天下取りを支えた軍師・黒田官兵衛が、自分の死後に天下を奪うのではないかと恐れたという。実際、官兵衛に与えられた領地は豊前・中津12万石のみ。治めにくい土地だった。官兵衛が築いた中津城からは心の内が見えてくる。そして関ヶ原の合戦。官兵衛は東軍・家康とも西軍・毛利ともよしみを通じながら、九州の西軍領を制圧。残すは薩摩の島津だけとなる。息子・長政は遺言に官兵衛の天下を狙う壮大な計画まで記していた。