ニュース速報

    選「明治維新最後の攻防〜西郷・大久保“革命”への賭け〜」

    王政復古のクーデターから鳥羽伏見の戦いまでの25日間。西郷隆盛と大久保利通は、巻き返しを図る旧幕府勢力としれつな権力抗争を展開。明治維新を導いた最後の攻防に迫る 慶応3年12月9日。薩摩藩の西郷隆盛と大久保利通は、王政復古のクーデターを断行。しかし、その後、新政府を徳川慶喜主導のものにしようともくろむ土佐・越前などの諸藩が勢いを増し、慶喜排除を掲げた西郷・大久保らは孤立。形勢によっては旧幕府側が実権を握る可能性もあった。西郷と大久保は、一体どうやって逆転できたのか?クーデターから鳥羽伏見の戦いまで緊迫の25日間に焦点を当て、明治維新を導いた最後の攻防に迫る