ニュース速報

「昭和に響いた“エール”〜作曲家・古関裕而と日本人〜」

「エール」の主人公のモデル、作曲家・古関裕而。先の戦争では、兵士たちを鼓舞する戦時歌謡の作曲家として活躍。その体験が、戦後の作品にどう影響を与えたかを紐解く。 連続テレビ小説「エール」の主人公のモデル、作曲家・古関裕而。「オリンピック・マーチ」や「栄冠は君に輝く」、数々の応援歌、「長崎の鐘」などの名曲で知られる。一方、先の戦争では「露営の歌」「若鷲の歌」をはじめ、兵士たちを鼓舞する戦時歌謡の作曲家として活躍した。番組では、古関が戦地を慰問した際に自ら撮影したフィルムを初公開。古関の戦争体験が、戦後の作品にどのような影響を与えたかを紐解く。