ニュース速報

「烈公・徳川斉昭 幕末動乱への導火線」

御三家・水戸藩の9代藩主、徳川斉昭。尊王攘夷を掲げ、強烈な個性で志士たちに大きな影響を与えた。斉昭の選択が火をつけた幕末の動乱。烈公・徳川斉昭の実像に迫る。 御三家・水戸藩の9代藩主、徳川斉昭。天皇をいただき、外敵に対抗する「尊王攘夷」を掲げ、幕末の志士たちに大きな影響を与えた。強硬な攘夷論者とされてきたが、親しい大名に攘夷は現実的には不可能と語るなど、外交の理想と現実で揺れ動いた。安政5年、朝廷から幕府の頭越しに、攘夷の実践を求める勅諚が届くと、斉昭は厳しい選択に迫られる。斉昭の行動は日本をどう変えたのか。幕末動乱の火付け役、徳川斉昭の実像に迫る。