ニュース速報

    選「細川ガラシャ 戦国に散った麗人の真実」

    戦国時代きっての美女といわれた細川ガラシャ。歴史に翻弄された人生とその悲劇的な最期に、スポットをあてる。 ガラシャは、織田信長の指示で、細川忠興に嫁いだ。彼女の運命を大きく変えたのは、父・光秀が信長を襲った本能寺の変。謀反人の娘として、京都北部の山里に幽閉される。いったん許されるが、関ヶ原の合戦の直前、石田三成から、人質として大坂城に入ることを要請された。夫・忠興の言いつけを守り、自害するか?キリスト教に帰依していたガラシャに迫られた選択とは?