昭和の選択 「破局への条約 三国同盟 〜松岡外相と影のキーマン大島浩〜」

初回放送日: 2022年9月21日

1940年、日本はドイツ・イタリアと軍事同盟を結ぶ。「日独伊三国同盟」である。日本が、大きく太平洋戦争に傾斜していくきっかけとなった同盟締結の真相を探る。 1939年に始まった第二次世界大戦で当初ドイツは、イギリス本土上陸戦に失敗し戦況は停滞していた。そこでヒトラーが活路を求めたのが日本だった。日独伊が連携することで、イギリスの国力を削ぎ、アメリカを牽制することがヒトラーの狙いだった。これに呼応し、日本側で積極的に同盟締結に動いたのが、外相・松岡洋右と駐独大使を経験した大島浩である。“破局への条約”ともいわれる三国同盟成立の舞台裏をさぐる。