ニュース速報

    選「応仁の乱前夜 将軍暗殺!嘉吉の変 〜令和の京都で変革を語る〜」

    京都を騒乱に巻き込んだ「応仁の乱」。その原因は、嘉吉元年(1441)にさかのぼるという。この年の将軍の暗殺事件と史上最大規模の土一揆に、混迷の時代の原点を探る。 今回は、スタジオを出て、京都・東寺の境内に、呉座勇一さん(「応仁の乱」著者)と井上章一さん(「京都ぎらい」著者)をゲストに招き、応仁の乱の原点・嘉吉の変について話し合う。当時、金融業の台頭が格差社会を生み、決められない政治が混乱に拍車をかけていた。優柔不断の管領・細川持之の選択が、応仁の乱という大混迷の時代に突き進んでいく。令和の京都で、気鋭の論客が混迷・変革の時代についてトコトン語り合う。