用語集 大河ドラマ「光る君へ」第6回より

NHK
2024年2月11日 午後8:34 公開

ドラマに登場した主な用語をご紹介します。


【『蜻蛉日記』(かげろうにっき)】

藤原道綱母(「光る君へ」においては藤原寧子)が書いた日記。上中下の3巻からなり、天暦8年(954)~天延2年(974年)の出来事が記されている。


【凝花舎[梅壺](ぎょうかしゃ/うめつぼ)】

後宮の殿舎のひとつ。壺(中庭)に紅白の梅を植えたことから「梅壺」ともいう。飛香舎(ひぎょうしゃ)の北に建つ。

をしへて! 佐多芳彦さん ~后妃たちの暮らす「後宮」って?


【弘徽殿(こきでん)】

後宮の殿舎のひとつ。清涼殿に近く、高い身分の后妃の御殿となる。

をしへて! 佐多芳彦さん ~后妃たちの暮らす「後宮」って?


【元微之(げんびし)】

元稹(げんしん)のこと。中国、中唐の文人。白居易(はくきょい)の親友。


【太宗(たいそう)】

中国、唐の2代皇帝。


【内裏(だいり)】

天皇の住居としての区画。


【宿直(とのい)】

宮中や役所・貴人の邸宅を警備するために夜間警備を行うこと。


【女御(にょうご)】

天皇の寝所に侍する后妃の位。皇后・中宮に次ぐ。女御は、親王または大臣の姫君。

をしへて! 佐多芳彦さん ~后妃たちの暮らす「後宮」って?


【縫殿寮(ぬいどのりょう)】

中務省(なかつかさしょう)に属し、衣服の裁縫や女官の考課を担当した機関。


【白楽天(はくらくてん)】

白居易のこと。唐詩を代表する中国、中唐の詩人。


全特集 リスト