用語集 大河ドラマ「光る君へ」第11回より

NHK
2024年3月17日 午後8:35 公開

ドラマに登場した主な用語をご紹介します。


【直盧(じきろ)】

摂関・大臣・大納言などが、宿直・休憩を行うために内裏内に設置した個室のこと。


【除目(じもく)】

官職を任命する朝廷の儀式。


【新楽府(しんがふ)】

中国、唐の時代に新しく楽府題(がふだい)を立てた詩のこと。楽府とは、漢詩の一形式。


【受領(ずりょう)】

任命された国に自ら下った国司の最高責任者。


【摂政(せっしょう)】

朝廷において幼い天皇の政治を代行する、最も強い権力の職。

君しるべ ~藤原道長が偉くなれたのはなぜ?


【大極殿(だいごくでん)】

朝堂院の正殿。


【高御座(たかみくら)】

天皇の玉座。


【東宮(とうぐう)】

皇太子(皇位の第一継承者)、あるいは皇太子の居所。


【内匠司(たくみのつかさ)】

宮中の備品や調度品の製作・装飾をつかさどる役人。


【『白氏文集』(はくしもんじゅう)】

中国、唐の白居易(はくきょい)による漢詩文集。


全特集 リスト