ニュース速報

    イッピン

    「魅惑の青と白 華やぐ器〜長崎 三川内焼〜」

    美しい白磁に青で細やかに描かれた柄。いま長崎の三川内(みかわち)焼の豆皿が大人気。400年の伝統の中で磨き上げられた絵付けや装飾などさまざまなワザを相楽樹が探る 今大人気の豆皿がある。直径10センチほどの白磁に青色の絵付けが施されているが伝統的な柄からモダンなデザインまでさまざま。そのいずれもが美しく細やかなのが特徴だ。これは長崎県の三川内(みかわち)焼から生まれたもの。三川内焼は400年の伝統の中で精緻な絵付け、華麗な装飾、極薄の器成形などさまざまな超絶技巧を磨き上げてきた。知られざる産地から生まれるイッピンの数々と驚くべきワザを相楽樹が徹底リサーチする