ニュース速報

    「丈夫で長持ち 心なごむ明かり〜茨城 水府提灯〜」

    昔ながらの照明ちょうちん。江戸時代から続く産地の水戸市では、伝統的が息づき、斬新でユニークなデザインのものも生まれている。職人の技が生み出す明かりの魅力を紹介。 昔ながらの照明器具ちょうちん。茨城県水戸市は江戸時代から続く産地だ。ここで作られるものは水府提灯(すいふちょうちん)と呼ばれ、丈夫なことが特徴。職人の技で作り上げられる過程を紹介する。そこには様々な工夫が。また斬新でユニークなものも生み出されてる。書道家の文字や、四季折々の花を描いたもの。そしてデザインにこだわり、鳥の形にしたちょうちんも。リサーチャーは野村佑香さん。心なごむ明かりの魅力にせまる。