イッピン・選

    選「ちょっとおいしくちょっと豊かに〜東京・金属製品〜」

    初回放送日: 2022年5月3日

    東京・下町は金属加工の手仕事がさかん。銅製のおろし金は、水気たっぷりの大根おろしができる。また銀のアイススプーンは指の熱を伝えて、さくっとアイスをすくい取る。 東京・下町は江戸時代から、金属加工の手仕事がさかん。銅製のおろし金は、水気たっぷりの大根おろしができる。すりつぶすのではなく、切る感覚だ。職人がタガネを打ち込んで鋭い刃をつけている。また、銀で作ったアイススプーンは、アイスクリームをおいしく食べることができる。銀は熱伝導率が高く、指で持つとすぐに熱を帯び、アイスを溶かすのだ。小さな柄の部分には、江戸時代以来の伝統の文様がつけられる。超絶技巧だ。