ニュース速報

    イッピン

    「名匠への道 未来へ 輝きはさらに深く〜熊本 肥後象嵌〜」

    江戸時代、熊本で独自の進化を遂げた象嵌を肥後象嵌という。コロナ禍の中で、その伝統に新たな風を吹き込もうと奮闘する二人の若手職人を追い、その技術と思いに迫る。 コロナ禍の厳しい状況の中、伝統工芸を守り、発展させていくために、新たな挑戦にのりだした若手職人を紹介するシリーズ「名匠への道」。今回は、江戸時代に独自の進化を遂げた熊本の肥後象嵌。象嵌とは黒地の鉄板に金や銀の形をはめ込んでいく装飾技法。一人は、かつて肥後象嵌の特徴だった独特の黒の再現に挑み成功させた職人。もう一人は、スペインの象嵌技法を取り入れ、“渋さ”が身上の肥後象嵌に華やかさをもたらした職人。