ニュース速報

    イッピン・選

    「復活し伝統を未来へ〜神奈川の工芸品〜」

    明治の初めから神奈川で作られていた、ほうき。そして幕末、横浜で生まれたハイカラな焼き物。一度は途絶えかけた伝統をよみがえらせ、活気づけようとする職人たちに迫る。 明治の初めから、神奈川県の愛川町、中津地区はほうきづくりの盛んな場所だった。高度経済成長期に電気掃除機が普及すると、ほうきの需要は激減。伝統は途絶えかけた。それを復活し、現代の暮らしの中で生かそうとする職人たちのほうきづくりに迫る。また横浜では、幕末の開港以来、独特の和洋折衷の焼き物づくりが始まった。何度かの危機を乗り越え、父の遺志をついて、横浜の焼き物の伝統を守ろうとする職人の姿を描く。