ニュース速報

    「薫る伝統の和テイスト〜香川 木製品〜」

    風土と歴史が育んだ香川県高松の木製品。曲線を描くフォルムのボールペン。木の温もりが伝わるボウル。お菓子を作るための繊細に削られた木型。その魅力と職人の技に迫る。 江戸時代より城下町として栄えた香川県高松市。風土と歴史が育んだ木製品を紹介する。和三盆を作る道具の菓子木型。木に精密な彫りを施して、立体感、そして使いやすさを追求している。松ヤニを多く含む「肥松」と呼ばれる黒松を使い、木の温もりが伝わるボウル。塗料を使わず、木目の美しさが際立っている。欄間彫刻の端材を利用し出来たボールペン。曲線を描くフォルムが印象的だ。木製品の魅力と職人の技に野村佑香さんが迫る。