ニュース速報

    コレクション 「バッグ」

    麻の紙でできたトートバッグ。シルクの特殊な糸を使って編み上げたバッグ。そしてアケビのつるで編んだバッグ。どれも自然の恵みを受け、伝統の技を駆使して作られたもの。 これまで「イッピン」で紹介してきた、ユニークなバッグの中から3つを再編集。栃木県鹿沼市は、日本有数の麻の産地。古代に作られていた麻の紙、「麻紙」をよみがえらせ、作り上げたトートバッグ。シルク産業の盛んな山形県鶴岡市からは、シルクの特殊な糸で編み上げた、豊かな風合いのバッグが出来上がるまでを。秋田県横手市からは、山に自生するアケビを採取し、そのつるを使って編み上げた素朴なバッグの制作の様子を。