イッピン

    「未来への挑戦 つむぎ織り出す 伝統の柄〜茨城の結城紬(つむぎ)〜」

    初回放送日: 2022年5月22日

    ふんわり軽く着心地格別、超絶技巧で手織りする亀甲模様の伝統絹織物結城紬(つむぎ)▽職人歴50年の師匠と技を継承する弟子の挑戦▽つむぎ手の数と柄の種類の驚きの関係 四百年続く伝統の結城紬(つむぎ)。糸は手つむぎ、手織りも多い。花鳥風月などの模様を細かい亀甲の柄で織り出し、軽くて疲れにくくふだん着からお出かけまで人気の着物。職人歴50年の名人が若い弟子が着物全体に柄を織り出す総柄に初めて挑む日々を見守る。軽い着心地は真綿から手でつむぐ軽い糸が必須。糸の太さはつむぎ手の個性により異なり、太さで織れる柄の種類も決まるので、伝統守るため地元はつむぎ手養成にのりだした