ニュース速報

    イッピン

    「伝統に磨きをかけて〜福岡 上野焼(あがのやき)〜」

    薄くて口当たりのよいカップや、色鮮やかな絵皿、懐石料理で使う小鉢を洋食にも合うようにアレンジした器など。茶の湯の器から進化を続ける福岡・上野焼の魅力に迫る。 茶の湯に使われる器「茶陶」作りで知られる福岡の上野焼。その伝統を重んじながら、今、新たな表現を加えた器が次々に誕生している。その一つが、ごく薄手で口当たりの良いカップ。そこには卓越した成形技術と、材料の土の配合に、ある工夫が…。さらに伝統の釉薬で絵付けをしたカラフルな皿や、懐石料理で使う小鉢を洋食にもあうようアレンジした斬新な器など。進化を続ける上野焼の魅力、職人の情熱に中山エミリが迫る。