ニュース速報

    「優美な伝統模様を守る 〜神奈川の木製品〜」

    木の木目が美しい小田原漆器に魅せられ、兵庫から移住した女性職人。特徴的な幾何学模様で知られる箱根寄木細工に、現代的な味わいを持たせようと奮闘する若手職人の奮闘。 神奈川県の小田原・箱根エリアは、古くから箱根山系の豊富な木材を利用した木製品づくりが行われてきた。木の木目が美しい小田原漆器づくりの現場では、今は亡き師匠の教えを胸に若手女性職人が奮闘中。そして、様々な色合いの木を寄せ合わせて作る箱根寄木細工では、伝統の幾何学模様をアレンジし、現代の生活様式に受け入れられるデザインに挑む若手職人のグループが躍動。伝統のなかに、新しい可能性を探る情熱を見つめた。