ニュース速報

    イッピン

    「名匠への道 伝えられた技を極めたい〜静岡 漆製品〜」

    江戸時代から発展を遂げてきた静岡の漆工芸。様々な独自の技法が生まれ、今日まで伝えられてきた。コロナ禍の中、父から受け継いだ技を極めようとする職人の姿を追う。 厳しい状況の中、伝統工芸を次代に伝えていくために技の習得に励む若手職人たちを紹介するシリーズ「名称への道」。今回は、江戸時代から発展を遂げてきた静岡の漆工芸。漆塗りの高級げたに、細かく砕いた卵の殻をモザイクのように張り付けていく「卵殻貼り」。漆を塗った器に砂をまき、手にしたとき吸いつくような感触をもたらす「金剛石目塗」。コロナ禍の中、それぞれ父から受け継いだ技を極めようとする職人の姿を追う。