ニュース速報

    イッピン・選

    「伝統の切れ味 鍛造の極み 〜 高知の刃物 〜」

    高知の伝統の刃物を紹介する。包丁、ナタ、植木バサミなどを鍛冶たちが自由に形作ることで、使いやすさと切れ味を両立させてきた技。鉄と鋼に向き合う職人技を見る。 森林面積がおよそ8割を占める高知では、江戸時代からナタやカマなどの刃物づくりが発達した。その極意は、用途や使う人にあわせて鋼や鉄を組み合わせて形作る「自由鍛造」だ。刃の形や大きさはもちろん、持ち手の形や幅にまで心遣いを尽くすこだわりぶり。およそ500種類もの砥石を試し、研ぎを極めた包丁鍛冶、技術のすべてを後継者に伝えようとするナタ鍛冶、ミリ単位の調整にこだわるハサミ鍛冶たちの技と情熱とは。