ニュース速報

    イッピン・選

    「山から生まれた暮らしの道具〜秋田・工芸品〜」

    東北を縦断する奥羽山脈。その山の恵みが生んだ工芸品が秋田県にある。アケビのツルで作った手提げかご。漆の椀。雪景色を写した皿。恵みへの感謝の思いがそこにあった。東北を縦断する奥羽山脈。その山の恵みが生んだ工芸品が秋田県にある。横手市の山に自生するアケビのツルで作る手提げかごは、丈夫で型崩れしない。800年の歴史を持つ湯沢市の漆芸。地元の漆の木からとった漆だけを使い、1年をかけて塗り上げられる椀は、ほのかに赤みの差す独特の光沢を放つ。また、明治時代に一度途絶えた仙北市の焼き物、白岩焼。よみがえった神秘的な青色に、陶芸家が託したのは、雪解けの風景だった。