ニュース速報

「“死”を見つめれば“生”が輝く」

誰にでも訪れる“死”。死を意識することで、自分の一番大切なものがわかったり、これから先の自分の生き方を見直すきっかけが生まれるかもしれません。がんの手術を受けた後、新天地で新たな生活をスタートさせた女性や、母親の死をきっかけに終活を始めた50代の女性などを紹介。愛する家族を失った人のための「遺族外来」も。スタジオでは、看護師で僧侶の玉置妙憂さんに、死をどう受け止めればいいのかヒントをうかがう。