これからのエピソード

最近放送したエピソード

この番組について

気高き心のまま 生きてゆきます あなたとともに 中国の架空の国を舞台に、帝位を巡る陰謀と策略のなかで、気高く生きる王妃の波乱に満ちた人生を描く壮大な歴史大作。争いの渦中で、家族の絆や葛藤、男女の愛憎が複雑に絡み合う[全42回] 皇帝のめいで「上陽郡主(じょうようぐんしゅ)」の称号を持つ王儇(おうけん)。美貌と知性に恵まれ、皆に愛されてのびのびと育ち、親しい人からは幼名で阿嫵(あぶ)と呼ばれている。父の王藺(おうりん)は国の丞相として権勢を振るっていた。皇帝は王儇をかわいがっていたが、妹の夫で、皇后の兄である王藺が、皇室の掌握をたくらんでいることを警戒する。やがて成人の儀を終えた王儇に婚礼の話が持ち上がる。父や皇后は皇太子の妃にしようとしていたが、 王儇は側室の息子であり思いを寄せ合う第3皇子、馬子澹(ばしたん)以外と婚姻する気はなかった。 一方、戦の絶えない辺境の地、寧朔(ねいさく)の将軍、蕭綦(しょうき)は低い身分の出身だったが、戦功を立てて異例の王爵を賜り、「豫章王(よしょうおう)」になる。権力闘争の陰謀によって馬子澹と引き裂かれてしまった王儇は、蕭綦と政略結婚することになる。そこで初めて都の外の世界に触れ、太平の世を目指す蕭綦の姿を知る。望まぬ婚姻であったが、しだいに互いにひかれあい強い絆で結ばれていく2人。だが、皇帝の座をめぐる熾烈な争いは、容赦なく王儇たちを巻き込んでいく。 原題:上阳赋 制作:2021年 中国

出演者・キャストほか

  • 王 儇(おう けん)/阿嫵(あぶ)/上陽 郡主(じょうよう ぐんしゅ) (チャン・ツィイー 章子怡 [声:魏涼子])

    豫章(よしょう)王妃。王藺(おうりん)と馬瑾若(ばきんじゃく)の娘。皇帝、馬曜(ばよう)のめいで、上陽郡主(じょうようぐんしゅ)の称号を授かっている。家族や親しい人からは幼名の阿嫵(あぶ)と呼ばれている。王(おう)氏一族。美貌と知性に恵まれ、純粋で芯が強い。相思相愛だった第3皇子、馬子澹(ばしたん)との婚姻を望んでいたが、陰謀により馬子澹が死罪になることに。皇后と取り引きし、馬子澹の命を救う条件で蕭綦(しょうき)との政略結婚に同意する。最初は望まぬ婚姻だったが、都の外の人々の暮らしを知り、ただひたすら民の平穏を願い戦う蕭綦の思いに触れ、しだいに強い絆で結ばれていく。 ※郡主:皇帝の娘以外の皇室の女性への尊称 【チャン・ツィイー】 1979年2月9日生まれ。映画『初恋のきた道』『グリーン・デスティニー』『HERO』『2046』『ジャスミンの花咲く』『SAYURI』ほか。 © 2021 China International Television Corporation ■相関図は「人物相関図」ページをご覧ください

  • 蕭 綦(しょう き)/豫章(よしょう)王 (ジョウ・イーウェイ 周一围 [声:阪口周平])

    辺境の地、寧朔(ねいさく)の将軍。王儇(おうけん)の夫。戦術に優れた勇敢な将軍で「戦の神」と呼ばれている。低い身分の出身ながら、先の忽蘭(くらん)王を討ち取った戦功により、皇帝より「豫章(よしょう)王」の王爵を授かる。都での地位や権力闘争に興味はなく、人々が平穏に暮らせる世にするために戦っている。朝廷から距離を置くようにしていたが、やむをえず王儇との政略結婚を受け入れる。王儇の正義感が強く純粋で勇気がある姿に強くひかれていき、生涯の伴侶として愛しあうようになる。 【ジョウ・イーウェイ】 1982年8月24日生まれ。ドラマ『蒼穹の昴』『海上牧雲記 3つの予言と王朝の謎』『長安二十四時』ほか © 2021 China International Television Corporation ■相関図は「人物相関図」ページをご覧ください

  • 馬 子澹(ば したん) (トニー・ヤン 杨祐宁 [声:庄司然])

    第3皇子。皇帝、馬曜(ばよう)と亡き側室、謝(しゃ)貴妃(きひ)の息子。王儇(おうけん)のいとこ。謝(しゃ)氏一族。王儇と相思相愛で、彼女との婚姻を望んでいたがかなわず。王藺(おうりん)と皇后の策略で謝氏一族が陥れられ、母が自害する。王儇が蕭綦(しょうき)との政略結婚に同意したおかげで死罪を免れ、都の外の皇帝陵に流刑を命じられる。無断で皇帝陵を出たり、都に戻ったりすることは禁じられている。母の死の直後で気持ちが混乱するなか、王儇との駆け落ちの機会も逃してしまった。今も王儇のことを思っている。 【トニー・ヤン】 1982年8月30日生まれ。映画『僕の恋、彼の秘密』『台北の朝、僕は恋をする』『足を探して』『真・三國無双』ほか © 2021 China International Television Corporation ■相関図は「人物相関図」ページをご覧ください

  • 馬 子隆(ば しりゅう) (グオ・ジアミン 郭家铭 [声:島津耕介])

    皇太子。皇帝、馬曜(ばよう)と皇后の息子。王儇(おうけん)のいとこ。単純な性格で巧みな権力闘争やはかりごとにはあまり向いていない。母である皇后や伯父の王藺(おうりん)の指示に従う。馬子律(ばしりつ)の策略にはまり、王儇と間違えて謝宛如(しゃえんじょ)と関係を持ち、めとることに。婚姻後は謝宛如を愛し大切にしている。 © 2021 China International Television Corporation ■相関図は「人物相関図」ページをご覧ください

  • 馬 子律(ば しりつ) (プー・バージア 蒲巴甲 [声:竹内想])

    第2皇子。皇帝と亡き側室の息子。王儇(おうけん)のいとこ。寡黙で、幼いころは病弱だった。早世した母は身分が低かったため、家系による後ろ盾はない。表向きは権力争いに関わらず目立たぬようにしているが、ひそかに桓公(かんこう)と結託。謇寧(けんねい)王とも手を組み、王氏一族を排除して、皇帝の座を手に入れようと画策している。王夙(おうしゅく)の正妻、桓宓(かんひつ)と密通している。 © 2021 China International Television Corporation ■相関図は「人物相関図」ページをご覧ください

  • 賀蘭 箴(がらん しん) (ユエン・ホン 袁弘 [声:伊東一人])

    忽蘭(くらん)の王子。亡き母は六盤(ろくばん)の王女。現在の忽蘭王が王子だったときに、母が無理やりさらわれて生まれた。六盤で母と妹と暮らしていたが、忽蘭の王位継承者となる男児がいなくなったため、母と引き離され忽蘭に連れて行かれた。大成(たいせい)国の寧朔(ねいさく)軍によって六盤が滅ぼされ、母と妹を亡くす。寧朔軍を率いる蕭綦(しょうき)への復讐(ふくしゅう)を誓っている。王儇(おうけん)に心ひかれる。 © 2021 China International Television Corporation ■相関図は「人物相関図」ページをご覧ください

  • 王 藺(おう りん) (ユー・ホーウェイ 于和伟 [声:志村貴博])

    王儇(おうけん)と王夙(おうしゅく)の父。皇帝、馬曜(ばよう)の妹、馬瑾若(ばきんじゃく)の夫。皇后の兄。王(おう)氏一族。大成(たいせい)国の丞相(じょうしょう)として権勢を振るっている。蕭綦(しょうき)の持つ兵力を手に入れるため、王儇と政略結婚させる。皇室に大きな力を持つ家系で、馬曜が皇帝の座に就くのにも力を貸していた。馬(ば)氏一族から皇帝の座を奪おうとたくらみ、馬曜にひそかに毒を盛る。さらにその罪を馬曜の側室、謝貴妃(しゃきひ)にかぶせ、権力を争う謝(しゃ)氏一族を排除した。 ※丞相:皇帝を補佐する最高位の官職 © 2021 China International Television Corporation ■相関図は「人物相関図」ページをご覧ください

  • 馬 曜(ば よう) (ジアン・カイ 蒋恺 [声:上別府仁資])

    大成(たいせい)国の皇帝。王儇(おうけん)の伯父。馬瑾若(ばきんじゃく)の兄。馬(ば)氏一族。聡明(そうめい)で思慮深い。めいの王儇を娘のようにかわいがっている。皇后より側室の謝(しゃ)貴妃(きひ)を寵愛(ちょうあい)し、その息子である第3皇子、馬子澹(ばしたん)の資質を一番認めていた。かつて皇位をめぐり弟と争い、その座を得るのに王氏一族の力を借りた過去がある。王藺の策略で毒を盛られ倒れた。実はひそかに回復しているが、心を病んだふりを続けている。 © 2021 China International Television Corporation ■相関図は「人物相関図」ページをご覧ください

  • 皇后 (シー・コー 史可 [声:真壁かずみ])

    皇帝、馬曜(ばよう)の正室。王藺(おうりん)の妹。皇太子、馬子隆(ばしりゅう)の母。王(おう)氏一族。息子の馬子隆を皇帝にするために全力を尽くす。馬曜とは政略結婚で、側室、謝(しゃ)貴妃(きひ)を寵愛(ちょうあい)していることが気に食わなかった。兄、王藺と結託し、謝(しゃ)氏一族を陥れる策略を実行し、謝貴妃を自害に追い込んだ。 © 2021 China International Television Corporation ■相関図は「人物相関図」ページをご覧ください

  • 馬 瑾若(ば きんじゃく)/晋敏 長公主(しんびん ちょうこうしゅ) (アンジー・チウ 赵雅芝 [声:太田小波])

    王儇(おうけん)と王夙(おうしゅく)の母。王藺(おうりん)の正室。皇帝、馬曜(ばよう)の妹。馬(ば)氏一族。芯の通った女性。子どもたちの幸せを願っている。兄の皇帝、馬曜と夫の王藺の間に挟まれ苦悩する。 ※長公主:皇帝の姉妹への尊称 © 2021 China International Television Corporation ■相関図は「人物相関図」ページをご覧ください

  • 謝 貴妃(しゃ きひ) (カラ・ワイ 惠英红 [声:水瀬七海])

    皇帝、馬曜(ばよう)の側室。馬子澹(ばしたん)の母。謝淵(しゃえん)の妹。謝(しゃ)氏一族。皇帝と深い愛情で結ばれていた。王藺(おうりん)と皇后の策略により、皇帝に毒を盛ったぬれぎぬを着せられ、謝氏一族全員が捕らえられる。皇后に脅され、息子の馬子澹や一族を死罪から救うため、自白文を残して自害した。 © 2021 China International Television Corporation ■相関図は「人物相関図」ページをご覧ください

  • 謝 宛如(しゃ えんじょ) (ズオ・シアオチン 左小青 [声:北﨑ひとみ])

    皇太子妃。謝淵(しゃえん)の娘。謝(しゃ)貴妃(きひ)のめい。馬子澹(ばしたん)のいとこ。謝(しゃ)氏一族。王儇(おうけん)とは幼なじみで、姉妹のような関係だった。気位が高いところがある。蕭綦(しょうき)と政略結婚させられるはずだったが、馬子律(ばしりつ)の策略にはまった皇太子に王儇と間違えて襲われたことにより、婚姻し皇太子妃になる。王藺(おうりん)の計略による皇帝毒殺未遂事件により、謝氏一族が没落。王儇(おうけん)や王(おう)氏一族への恨みを募らせる。 © 2021 China International Television Corporation ■相関図は「人物相関図」ページをご覧ください

  • 王 夙(おう しゅく) (ジア・イーピン 贾一平 [声:須嵜成幸])

    王儇(おうけん)の兄。王藺(おうりん)と馬瑾若(ばきんじゃく)の息子。桓宓(かんひつ)の夫。王(おう)氏一族。妹思いでやさしい。政治よりも風雅を好む。正室の桓宓との関係は冷え切っている。 © 2021 China International Television Corporation ■相関図は「人物相関図」ページをご覧ください

  • 桓 宓(かん ひつ) (チェン・ジンルー 陈瑾如 [声:李ふぁみ])

    王夙(おうしゅく)の正室。垣公(かんこう)の娘。王夙との関係は冷え切っている。第2皇子の馬子律(ばしりつ)と密通している。 © 2021 China International Television Corporation ■相関図は「人物相関図」ページをご覧ください

  • 蘇 錦児(そ きんじ) (リウ・ユン 刘芸 [声:小見川千明])

    王儇(おうけん)の侍女。王儇とは主従関係ながら、姉妹のような絆で結ばれ、信頼されている。ひそかに馬子澹(ばしたん)を慕っている。 © 2021 China International Television Corporation ■相関図は「人物相関図」ページをご覧ください

  • 玉 秀(ぎょく しゅう) (スイ・ユエン 隋源 [声:花瀬あさみ])

    王儇(おうけん)の侍女。王儇が寧朔(ねいさく)に来たときから、王儇の世話をするようになる。素直で誠実。王儇に信頼されている。 © 2021 China International Television Corporation ■相関図は「人物相関図」ページをご覧ください

  • 宋 懐恩(そう かいおん) (リウ・ドワンドワン 刘端端 [声:石狩勇気])

    蕭綦(しょうき)の部下。側近として信頼されている。 © 2021 China International Television Corporation ■相関図は「人物相関図」ページをご覧ください

  • 胡 瑶(こ よう) (ハイ・リン 海铃 [声:葛城愛梨])

    蕭綦(しょうき)の部下。胡光烈(ここうれつ)の妹。冷静で女性ならではの任務などもこなす、 © 2021 China International Television Corporation ■相関図は「人物相関図」ページをご覧ください

  • 胡 光烈(こ こうれつ) (ホウ・シアオ 侯晓 [声:大久保貴])

    蕭綦(しょうき)の部下。胡瑶(こよう)の兄。蕭綦とは軍に入隊したときからの戦友。 © 2021 China International Television Corporation ■相関図は「人物相関図」ページをご覧ください

  • 唐 競(とう けい) (ポン・ボ― 彭博 [声:下村芳範])

    蕭綦(しょうき)の部下。 © 2021 China International Television Corporation ■相関図は「人物相関図」ページをご覧ください

  • 龐 癸(ほう き) (ツァオ・ジュン 曹骏 [声:夏目桂輔])

    王儇(おうけん)の護衛。 © 2021 China International Television Corporation ■相関図は「人物相関図」ページをご覧ください

  • 謝 淵(しゃ えん) (ジアン・タオ 江涛 [声:小柳基])

    亡き謝(しゃ)貴妃(きひ)の兄。謝宛如(しゃえんじょ)の父。馬子澹(ばしたん)の伯父。王(おう)氏一族に対抗する謝(しゃ)氏一族の長で皇帝の信頼も厚かった。謝貴妃が罪を着せられ自害した皇帝毒殺未遂事件で流刑を命じられ、謝氏一族は都を追放され没落した。王氏一族への報復(ふくしゅう)と、謝氏一族の復興を誓う。 © 2021 China International Television Corporation ■相関図は「人物相関図」ページをご覧ください

  • 温 宗慎(おん しゅうしん) (ジョン・ユー 郑玉 [声:田邉優人])

    侍中(じちゅう)。皇帝、馬曜(ばよう)の側近。馬(ば)氏一族の皇帝に忠義を尽くす。王藺(おうりん)や皇后ら、皇帝の座を狙う王(おう)氏一族から、命をかけてでも馬曜を守る覚悟がある。 ※侍中:皇帝の諮問に答える側近 © 2021 China International Television Corporation ■相関図は「人物相関図」ページをご覧ください

  • 薛 道安(せつ どうあん) (ワン・タオ 王涛 [声:秦正武])

    侍従。皇帝、馬曜(ばよう)の側近。馬曜に信頼されており、忠義を尽くす。馬曜が毒殺されそうになった後、心の病を装っているのを知っており、近くでひそかに支えている。 © 2021 China International Television Corporation ■相関図は「人物相関図」ページをご覧ください

  • 桓 公(かん こう) (リー・ジエンシン 李建新 [声:西垣俊作])

    桓宓(かんひつ)の父。豊じょうな土地や十分な兵力を持つ有力者。ひそかに第2皇子の馬子律(ばしりつ)や謇寧(けんねい)王と結託。王(おう)氏一族を一掃し、馬子律を皇帝の座に就けて、権力を掌握しようと暗躍している。 © 2021 China International Television Corporation ■相関図は「人物相関図」ページをご覧ください

  • 馬 睢(ば すい)/謇寧(けんねい)王 (ワン・グアンフイ 王光辉 [声:志村貴博])

    皇帝、馬曜(ばよう)の弟。馬(ば)氏一族。強い兵力を持ち、不敗を誇る戦の神と呼ばれている。20年以上前に、兄の馬曜と皇帝の座を巡る争いに敗れた後は、江南(こうなん)の地で地方の高官として過ごしてきた。その間、兵力を貯え、勢力を拡大。陰で桓公(かんこう)、馬子律(ばしりつ)と通じ、皇帝の座を奪う機会を狙う。馬曜が病にあることを知り、見舞いを口実に兵を率いて都へ向かう。 © 2021 China International Television Corporation ■相関図は「人物相関図」ページをご覧ください

  • 王 栩(おう く) (ジャン・シンジョー 张兴哲 [声:藤間つよし])

    王藺(おうりん)の弟。将軍。 © 2021 China International Television Corporation ■相関図は「人物相関図」ページをご覧ください

  • 呉 謙(ご けん) (ポン・イーチョン 彭义程 [声:田邊優人])

    暉州(きしゅう)の長官。暉州に滞在中に王儇(おうけん)が誘拐されたことや、その後の行動で王藺(おうりん)の怒りを買う。 © 2021 China International Television Corporation ■相関図は「人物相関図」ページをご覧ください

放送

  • BSプレミアム
    毎週日曜 午後9時[ステレオ2か国語(主:日本語吹き替え/副:中国語)| 字幕放送有り]

関連リンク

※下記はNHKサイトを離れます