お知らせ

これからのエピソード

最近放送したエピソード

この番組について

気高き心のまま 生きてゆきます あなたとともに 中国の架空の国を舞台に、帝位を巡る陰謀と策略のなかで、気高く生きる王妃の波乱に満ちた人生を描く壮大な歴史大作。争いの渦中で、家族の絆や葛藤、男女の愛憎が複雑に絡み合う[全43回] 皇帝のめいで「上陽郡主(じょうようぐんしゅ)」の称号を持つ王儇(おうけん)。美貌と知性に恵まれ、皆に愛されてのびのびと育ち、親しい人からは幼名で阿嫵(あぶ)と呼ばれている。父の王藺(おうりん)は国の丞相として権勢を振るっていた。皇帝は王儇をかわいがっていたが、妹の夫で、皇后の兄である王藺が、皇室の掌握をたくらんでいることを警戒する。やがて成人の儀を終えた王儇に婚礼の話が持ち上がる。父や皇后は皇太子の妃にしようとしていたが、 王儇は側室の息子であり思いを寄せ合う第3皇子、馬子澹(ばしたん)以外と婚姻する気はなかった。 一方、戦の絶えない辺境の地、寧朔(ねいさく)の将軍、蕭綦(しょうき)は低い身分の出身だったが、戦功を立てて異例の王爵を賜り、「豫章王(よしょうおう)」になる。権力闘争の陰謀によって馬子澹と引き裂かれてしまった王儇は、蕭綦と政略結婚することになる。そこで初めて都の外の世界に触れ、太平の世を目指す蕭綦の姿を知る。望まぬ婚姻であったが、しだいに互いにひかれあい強い絆で結ばれていく2人。だが、皇帝の座をめぐる熾烈な争いは、容赦なく王儇たちを巻き込んでいく。 原題:上阳赋 制作:2021年 中国

出演者・キャストほか

  • 王 儇(おう けん)/阿嫵(あぶ)/上陽 郡主(じょうよう ぐんしゅ) (チャン・ツィイー 章子怡 [声:魏涼子])

    豫章(よしょう)王妃。王藺(おうりん)の娘。皇帝、馬子隆(ばしりゅう)のいとこ。上陽郡主(じょうようぐんしゅ)の称号を授かっている。家族や親しい人からは幼名の阿嫵(あぶ)と呼ばれている。美貌と知性に恵まれ、純粋で芯が強い。夫、蕭綦(しょうき)と強い愛と絆で結ばれている。幼なじみの馬子澹(ばしたん)とは、かつて恋仲だった。父、王藺が皇帝の座を狙った謀反を起こしたせいで、前皇帝の妹であった母、馬瑾若(ばきんじゃく)を亡くし、宿ったばかりの子も亡くした。 ※郡主:皇帝の娘以外の皇室の女性への尊称 【チャン・ツィイー】 1979年2月9日生まれ。映画『初恋のきた道』『グリーン・デスティニー』『HERO』『2046』『ジャスミンの花咲く』『SAYURI』ほか。 © 2021 China International Television Corporation ■相関図は「人物相関図」ページをご覧ください

  • 蕭 綦(しょう き)/豫章(よしょう)王 (ジョウ・イーウェイ 周一围 [声:阪口周平])

    豫章(よしょう)王。王儇(おうけん)の夫。辺境の地、寧朔(ねいさく)の将軍で、「戦の神」と呼ばれている。低い身分の出身ながら、戦功により前皇帝より王爵を授かった。前皇帝への謀反を制圧したことで、「大尉(たいい)」に任ぜられた。即位した馬子隆の命で国政を補佐する。権力闘争に興味はなく、腐敗した政治を正し、人々が平穏に暮らせる世にすることを望んでいる。生涯で愛する人は王儇ただ一人と誓っている。 ※大尉:軍事を統括する最高位の武官 【ジョウ・イーウェイ】 1982年8月24日生まれ。ドラマ『蒼穹の昴』『海上牧雲記 3つの予言と王朝の謎』『長安二十四時』ほか © 2021 China International Television Corporation ■相関図は「人物相関図」ページをご覧ください

  • 馬 子澹(ば したん)/安平(あんぺい)王 (トニー・ヤン 杨祐宁 [声:庄司然])

    安平(あんぺい)王。皇帝、馬子隆(ばしりゅう)の異母弟。王儇(おうけん)のいとこ。亡き母は前皇帝の側室で謝(しゃ)氏一族。王藺(おうりん)と皇太后の策略により、謝氏一族が没落し、母も自害に追い込まれた。馬子隆の即位に伴い安平王に封じられる。皇太后の脅威から逃れて反撃の機会をうかがうため、自ら都から離れた皇帝陵で墓守をすることを選択する。幼なじみで元婚約者であった王儇のことを今も思っている。 【トニー・ヤン】 1982年8月30日生まれ。映画『僕の恋、彼の秘密』『台北の朝、僕は恋をする』『足を探して』『真・三國無双』ほか © 2021 China International Television Corporation ■相関図は「人物相関図」ページをご覧ください

  • 馬 子隆(ば しりゅう) (グオ・ジアミン 郭家铭 [声:島津耕介])

    大成(たいせい)国の皇帝。皇太后の息子。王儇(おうけん)のいとこ。馬子澹(ばしたん)の異母兄。単純な性格で巧みな権力闘争やはかりごとにはあまり長けていない。前皇帝の遺言で後継者に指名されたことを誇りに思い、立派な皇帝になろうと努力する。皇帝として自らの意志で正しい決定をしようとするが、力不足で迷うことも多い。権力闘争に関わらずに国への忠誠を尽くす蕭綦(しょうき)を重用する。 皇后の謝宛如を愛し、大切にしている。 © 2021 China International Television Corporation ■相関図は「人物相関図」ページをご覧ください

  • 賀蘭 箴(がらん しん) (ユエン・ホン 袁弘 [声:伊東一人])

    隣国、忽蘭(くらん)の王子。亡き母は六盤(ろくばん)の王女。蕭綦(しょうき)率いる寧朔(ねいさく)軍が六盤を滅ぼし、母を殺したと思い込んでいて、蕭綦への復讐(ふくしゅう)を誓っている。大成(たいせい)にたびたび攻め入っているが、馬子隆(ばしりゅう)の即位に伴い使者として大成に来ると、和睦を申し入れ、その条件として自分の異母兄に嫁ぐ妃を要求する。王儇(おうけん)に心ひかれている。 © 2021 China International Television Corporation ■相関図は「人物相関図」ページをご覧ください

  • 王 藺(おう りん) (ユー・ホーウェイ 于和伟 [声:志村貴博])

    王儇(おうけん)と王夙(おうしゅく)の父。王(おう)氏一族。亡き妻、馬瑾若(ばきんじゃく)は、前皇帝の妹。家族への愛情はあるが、権力欲が勝る。丞相(じょうしょう)として朝廷を牛耳っていた。前皇帝の崩御に乗じて皇帝の座を奪おうと謀反を起こすが制圧される。その際に、妻が謀反に抗議し自害した。蕭綦のおかげで処刑を免れ流刑になるが、すぐに刺客に襲われる。火事による自らの死を偽装し、潜伏中。 ※丞相:皇帝を補佐する最高位の官職 © 2021 China International Television Corporation ■相関図は「人物相関図」ページをご覧ください

  • 皇太后 (シー・コー 史可 [声:真壁かずみ])

    前皇帝の正室。皇帝、馬子隆(ばしりゅう)の母。王藺(おうりん)の妹。王(おう)氏一族。皇帝となった息子、馬子隆の脅威になりうるものを排除すべく暗躍。流刑になった兄、王藺に刺客を送り、蕭綦も排除しようと画策する。自らの策略で没落させた謝(しゃ)氏一族である皇后、謝宛如(しゃえんじょ)が気に入らない。 © 2021 China International Television Corporation ■相関図は「人物相関図」ページをご覧ください

  • 謝 宛如(しゃ えんじょ) (ズオ・シアオチン 左小青 [声:北﨑ひとみ])

    皇后。馬子澹(ばしたん)のいとこ。王儇(おうけん)の幼なじみ。謝(しゃ)氏一族。気位が高く、皇太后と対立している。皇太后と王藺(おうりん)の計略によって謝氏一族が没落し、父も失ったため、王(おう)氏一族を恨んでいる。皇帝、馬子澹(ばしたん)の子を懐妊しており、皇后の座を維持し世継ぎを産むことで、王氏への復讐(ふくしゅう)と謝氏の復興を果たそうとする。 © 2021 China International Television Corporation ■相関図は「人物相関図」ページをご覧ください

  • 王 夙(おう しゅく)/江夏(こうか)王 (ジア・イーピン 贾一平 [声:須嵜成幸])

    王儇(おうけん)の兄。王藺(おうりん)の息子。王(おう)氏一族。妹思いでやさしい。後に正式な王氏の長(おさ)として「江夏(こうか)王」に封じられる。政治や権力には興味がなく、風雅や学問を好んでいた。父、王藺(おうりん)がいなくなり、王氏一族を率いるものとして少しずつ変わっていく。 © 2021 China International Television Corporation ■相関図は「人物相関図」ページをご覧ください

  • 宋 懐恩(そう かいおん)/粛毅(しゅくき)伯 (リウ・ドワンドワン 刘端端 [声:石狩勇気])

    蕭綦(しょうき)の部下。側近として信頼されている。後に国への功労が認められ、「粛毅(しゅくき)伯」に封じられ、土地と屋敷を与えられる。王儇(おうけん)への思いを秘めている。 © 2021 China International Television Corporation ■相関図は「人物相関図」ページをご覧ください

  • 蘇 錦児(そ きんじ) (リウ・ユン 刘芸 [声:小見川千明])

    王儇(おうけん)の侍女。王儇とは主従関係ながら、姉妹のように育ち、信頼されている。馬子澹(ばしたん)を慕っていて、その思いにつけ込んだ謝宛如(しゃえんじょ)の間者になり、陰で王儇を裏切る。。 © 2021 China International Television Corporation ■相関図は「人物相関図」ページをご覧ください

  • 玉秀(ぎょくしゅう) (スイ・ユエン 隋源 [声:花瀬あさみ])

    王儇(おうけん)の侍女。王儇が蕭綦(しょうき)と婚姻し寧朔(ねいさく)に来たときから、王儇の世話をするようになった。素直で誠実。王儇に信頼されている。宋懐恩(そうかいおん)に思いを寄せている。 © 2021 China International Television Corporation ■相関図は「人物相関図」ページをご覧ください

  • 阿越(あえつ) (ジャン・シンイエン 张欣颜 [声:水瀬七海])

    王儇(おうけん)の侍女。 © 2021 China International Television Corporation ■相関図は「人物相関図」ページをご覧ください

  • 龐 癸(ほう き) (ツァオ・ジュン 曹骏 [声:夏目桂輔])

    王儇(おうけん)の護衛。元は王(おう)氏一族の隠密の護衛兵だったが、王儇個人に忠誠を誓い、仕えるようになった。 © 2021 China International Television Corporation ■相関図は「人物相関図」ページをご覧ください

  • 徐(じょ)女官 (ウー・ユージュエン 伍宇娟 [声:一花さくら])

    王儇(おうけん)付きの女官。侍女たちを統率している。前皇帝の妹である王儇の亡き母、馬瑾若(ばきんじゃく)が結婚前に宮中にいたときから仕えていた。亡き馬瑾若に代わって王儇を見守り、献身的に尽くす。王儇の家族のような存在で、信頼されている。 © 2021 China International Television Corporation ■相関図は「人物相関図」ページをご覧ください

  • 胡 瑶(こ よう) (ハイ・リン 海铃 [声:葛城愛梨])

    蕭綦(しょうき)の部下。胡光烈(ここうれつ)の妹。冷静で女性ならではの任務などもこなす、 © 2021 China International Television Corporation ■相関図は「人物相関図」ページをご覧ください

  • 胡 光烈(こ こうれつ) (ホウ・シアオ 侯晓 [声:大久保貴])

    蕭綦(しょうき)の部下。胡瑶(こよう)の兄。蕭綦とは軍に入隊したときからの戦友。 © 2021 China International Television Corporation ■相関図は「人物相関図」ページをご覧ください

  • 唐 競(とう けい) (ポン・ボ― 彭博 [声:下村芳範])

    蕭綦(しょうき)の部下。 © 2021 China International Television Corporation ■相関図は「人物相関図」ページをご覧ください

  • 王 倩(おう せん) (ツォン・イーシュエン 曾一萱 [声:このみまこ])

    王儇(おうけん)のいとこ。世間知らずのわがまま娘。皇太后が王(おう)氏一族の娘を皇帝、馬子隆(ばしりゅう)の側室にしようとして都に呼び寄せた。しかし、隣国、忽蘭(くらん)との和睦の条件として、賀蘭箴(がらんしん)の兄に嫁がせる候補に選ばれることになる。 © 2021 China International Television Corporation ■相関図は「人物相関図」ページをご覧ください

  • 顧 采薇(こ さいび) (スン・ジアルー 孙嘉璐 [声:菅田菜々子])

    顧(こ)氏一族の娘。権力闘争の策略の中で命を落とした亡き重臣、顧庸(こよう)の孫娘。兄は朝廷の重臣、顧闵汶(こびんぶん)だが、顧庸の死後、顧氏一族は力を失っている。そのため、隣国、忽蘭(くらん)との和睦の条件として、賀蘭箴(がらんしん)の兄に嫁がせる候補として、皇帝、馬子隆(ばしりゅう)が内密に選ぶ。 © 2021 China International Television Corporation ■相関図は「人物相関図」ページをご覧ください

  • 忽 耶奇(こつ やき) (ワン・イーファン 王毅凡 [声:山口令悟])

    賀蘭箴(がらんしん)の忠実な部下。賀蘭箴が王儇(おうけん)に心をひかれていることもわかっている。王儇の侍女、蘇錦児(そきんじ)に目を付ける。 © 2021 China International Television Corporation ■相関図は「人物相関図」ページをご覧ください

  • 温 宗慎(おん しゅうしん) (ジョン・ユー 郑玉 [声:田邉優人])

    丞相(じょうしょう)。前皇帝の側近。思慮深く公平な人物で、馬(ば)氏一族の皇帝に忠義を尽くす。謀反を企てた王藺(おうりん)の策略により投獄されていたが、馬子隆(ばしりゅう)即位後に復職し、丞相(じょうしょう)となる。皇太后が結婚する前に恋仲だった過去があり、皇太后のことは気にかけているが、皇帝を補佐し国を守ることを第一に考えている。 ※丞相:皇帝を補佐する最高位の官職/侍中:皇帝の諮問に答える側近 ※侍中:皇帝の諮問に答える側近 © 2021 China International Television Corporation ■相関図は「人物相関図」ページをご覧ください

  • 青雲(せいうん)道士 (ジョン・リン 钟林 [声:真田雅隆])

    王藺の護衛。王(おう)氏一族の優秀な隠密の護衛兵で、前皇帝が即位したときから、耳の不自由の道士を装い宮中に潜伏していた。今は王藺に付き従い守っている。 © 2021 China International Television Corporation ■相関図は「人物相関図」ページをご覧ください

放送

  • BSプレミアム
    毎週日曜 午後9時[ステレオ2か国語(主:日本語吹き替え/副:中国語)| 字幕放送有り]

関連リンク

※下記はNHKサイトを離れます ※別タブで開きます