ニュース速報

    「新井満の笹(ささ)だんご」

    生命力あふれるよもぎで作っただんごを、笹(ささ)で包んだ笹だんご。五穀豊じょうを願う菓子として新潟で古くから愛されてきました。この笹だんごが人生の扉を開いたというのが、『千の風になって』で知られる作家・新井満さん。列車のなかで笹だんごを食べていた時、訪れた運命の出会いとは?笹だんごが結んだ絆をひもときながら、ヘンゼルは定番の粒あん入りと、昔ながらの甘みそあん入りの笹だんごを作り上げます。