ニュース速報

    「樋口一葉の駄菓子屋」

    明治、近代文学の創世記、注目を集めた「たけくらべ」。遊郭の街で暮らす、子どもたちの日常と淡い初恋を描いたこの作品に登場するのが、駄菓子屋。菓子を求めにやって来る、無邪気な子どもたちを通して一葉が見たのは、子どもの時から逃れることのできない社会の不条理な仕組みでした。今も変わらず子どもたちが集まる駄菓子屋の魅力もひもときながら、ヘンゼルは、おうちで作れちゃう!素朴でかわいらしい3つの駄菓子に挑戦!