ニュース速報

    「プルーストのマドレーヌ」

    マルセル・プルーストの自伝的小説『失われた時を求めて』。主人公が紅茶に浸したマドレーヌの香りに触れた瞬間、過去の記憶がまざまざとよみがえる…。その描写は文学界に大きな衝撃を与え、フランスで「あなたのマドレーヌは?」といえば、記憶の“鍵”をたずねるフレーズとして定着しているほど。記憶を象徴するスイーツとなったマドレーヌにプルーストがこめた祈りとは?ヘンゼルも、香りにこだわってマドレーヌを作ります!