ニュース速報

最新のエピソード

Eテレ
8月15日(土) 午後4:05 午後4:29

今も世界で広く読み継がれる『アンネの日記』。ナチスによるユダヤ人迫害から逃れる日々の記録には、クリスマスなどでごくまれに味わえるスイーツの喜びもつづられていました。そんなアンネは、童話の中でお菓子を分かち合うことの意味を問いかけます。ヘンゼルは、いちごたっぷりのタルトを焼き上げます。

見逃し配信

    次回のエピソード

    • Eテレ
      8月17日(月) 午後10:00 午後10:25

      日本美術の目利き、コレクターとして名を残す原三渓。ある夏、三渓が開いた茶会で出したのが、蓮(はす)の葉に盛り、蓮の実を散らした“浄土飯”と、まだ旬には早いさつまいもで作った茶巾絞りでした。それは、跡継ぎとして期待していた長男が急逝した直後のこと。客たちは、道具立てと料理とにその悲しみを感じ、深い感銘を受けました。近代日本の発展に尽くした「無私の人」原三渓。その人柄を、素朴な和菓子から読み解きます。

      8月17日ほか 放送予定へ

      見逃し配信

      • Eテレ
        8月15日(土) 午後4:05 午後4:29

        今も世界で広く読み継がれる『アンネの日記』。ナチスによるユダヤ人迫害から逃れる日々の記録には、クリスマスなどでごくまれに味わえるスイーツの喜びもつづられていました。そんなアンネは、童話の中でお菓子を分かち合うことの意味を問いかけます。ヘンゼルは、いちごたっぷりのタルトを焼き上げます。

        • Eテレ
          8月10日(月) 午後10:00 午後10:25

          『ピーターラビット』や『プーさん』シリーズの翻訳でも知られる児童文学者、石井桃子。昭和の初めから、2008年に101歳で亡くなるまで、編集者、翻訳者、そして作家として、子どものための本を世に送り出し続けました。好物はみつ豆。子どもの頃なかなか食べられなかった憧れの味でした。“ノンちゃん”の創作や、児童書の図書館作りなど、子どもの本のために生きたその姿を、おやつの記憶とともにひもときます。

        その他のこれまでのエピソード

        この番組について

        仕事や子育てに追われながらも、ほっと一息つく大切な時間。 お菓子にまつわる数々の物語、そして思いがけない誕生のドラマを、15代ヘンゼル(瀬戸康史)と魔法のかまど(キムラ緑子)がお届けします。

        • 15代ヘンゼル 瀬戸康史 (俳優)

          福岡県出身。 2005年デビュー。舞台「関数ドミノ」(演出:寺十吾)にて、平成29年度(第72回)文化庁芸術祭 演劇部門新人賞を受賞。最近では舞台「ドクター・ホフマンのサナトリウム~カフカ第4の長編~」(演出:ケラリーノ・サンドロヴィッチ)やNHKドラマ10「透明なゆりかご」、連続テレビ小説「まんぷく」、NHK土曜ドラマ「デジタルタトゥー」、フジテレビ「ルパンの娘」、TBS「私の家政ナギサさん」など、ドラマ・舞台・映画と幅広く活躍する。

        • 魔法のかまどの声&ナレーション キムラ緑子 (女優)

          兵庫県淡路島出身。 劇団M.O.P.の旗揚げげから2010 年の解散まで看板女優として活躍。 舞台では「三婆」「母と惑星について、および自転する女たちの記憶」(2019)、「喜劇 有頂天一座」(2018)、「フェードル」(2017)など、ドラマでは「心の傷を癒すということ」(2020)連続テレビ小説「半分、青い」(2018)、「ごちそうさん」(2013)、映画「祈りの幕が下りる時」(2018)、「続・深夜食堂」(2016)など幅広いジャンルで存在感を放つ。

        放送

        • Eテレ
          毎週月曜 午後10時

        再放送

        • 総合
          毎週金曜 午前11時05分(一部の地域を除く)
        • Eテレ
          毎週月曜 午前10時25分