クック

レシピ公開日:2023年3月13日 午後10:00

粘土板に刻まれた古代のレシピを元に、オリジナルのアイディアを加えたクックのレシピ。ソースをつければ驚きのおいしさ!意外な組み合わせを楽しんで!

  • 中濱 尚美
    (辻調理師専門学校)
  • 遠藤 雅司
材料 直径8㎝ 10枚分
  • クック
    • 全粒粉
      200g
    • 無塩バター
      30g
    • 牛乳
      100ml
    • デーツ
      20g
    • 全粒粉 打ち粉用
      適量
  • ソース
    • 白ねぎ
      5g
    • 玉ねぎ
      10g
    • にんにく
      1/2片
    • かぶ
      20g
    • 無塩バター
      20g
    • はちみつ
      15g
    • キャロブパウダー
      小さじ1

(クックの準備)

1

バターを溶かしておく。

2

デーツを細かく刻んでおく。

3

オーブンを220℃に温めておく。

クックをつくる

1

ボウルに全粒粉と準備1のバターを入れ、混ぜる。

2

牛乳を半量ずつ加え、混ぜる。

3

準備2のデーツを加え、混ぜる。

4

生地を10等分にする。

5

打ち粉をし、麺棒でうすくのばす。

6

オーブンペーパーを敷いた天板にのせ、220℃のオーブンで約15分焼く。

(ソースの準備)

1

にんにく、玉ねぎ、かぶの皮をむいておく。

2

バターを常温にもどしておく。

ソースをつくる

1

すりおろし用のアタッチメントをつけたフードプロセッサーに準備1の野菜と白ねぎをいれてすりおろし、ざるにあけて水けをきる。

2

ボウルに準備2のバター、はちみつ、キャロブパウダーを入れ、混ぜる。

3

1を加え、混ぜる。

4 食べごろと保存方法

ソースを添えてお召し上がりください。 ソースはできたてを、クックは常温で保存し、5日以内にお召し上がりください。

このレシピのエピソード