ニュース速報

お知らせ

  • 「チョイスのポイント」始めました!

これからのエピソード

  • 5月22日(土) 午後8:00 午後8:45

    「フレイル」とは、加齢により心身が老い衰えることで、介護が必要になる前段階を指す。現在、コロナ禍による外出自粛の長期化により、高齢者のフレイルが増加している。まず足腰が弱り、空腹感がなくなることから低栄養に陥り、体力・気力がさらに低下する。この悪循環から逃れるための簡単な運動・食事法を伝授。また最新研究によると、フレイルを招く隠れた要因が「孤独」。「週1回は誰かと交流する」など、具体策を紹介。

    5月22日(土)午後8:00ほか 放送予定へ

最近放送したエピソード

  • Eテレ
    5月15日(土) 午後8:00 午後8:45

    「乾せん」は、免疫の異常が原因で起きる皮膚の病気。免疫細胞が活性化し、皮膚の新陳代謝が過剰になることで、皮膚が炎症を起こして赤く盛り上がったり、はがれ落ちたりする。治療は、塗り薬、紫外線を患部に直接照射する「光線療法」、のみ薬を組み合わせるのが基本。さらに最近、治りにくい人向けに、炎症の原因物質をピンポイントで抑える「生物学的製剤」の注射も登場。症状に合わせた治療のチョイスを解説する。

    5月21日(金)午後0:00ほか 放送予定へ
  • 5月8日(土) 午後8:00 午後8:45

    膝の痛みの原因は軟骨がすり減っておきる「変形性膝関節症」以外にもある。高齢者に多い「大腿骨か部骨壊(え)死」は、太ももの骨の膝側に小さな骨折が起き、膝に激痛が走る。運動をする人におきやすい「ジャンパー膝」こと「膝がい腱炎」は、腱の炎症が原因で膝のお皿のすぐ下が痛くなる。また半月板が傷つく「半月板損傷」は、スポーツによる怪我だけでなく加齢もその一因となる。それぞれの治療のチョイスを分かりやすく伝える

    この番組について

    患者の経験談をもとに、健康への選択肢を紹介する「チョイス@病気になったとき」。予防から早期発見、治療や日常生活の対策まで、どれがベストかは、実は人それぞれ。例えば治療なら、日数や費用、その後の生活まで、患者目線にこだわって、お医者さんにはきけない、でも本当は知りたいチョイスのポイントを紹介します。

    • 司会 八嶋智人 (俳優)

    • 司会 大和田美帆 (女優)

    • チョイスコンシェルジュ 松田利仁亜 (NHKアナウンサー)

    • チョイスコンシェルジュ 上條倫子 (NHKアナウンサー)

    放送

    • Eテレ
      毎週土曜 午後8時

    再放送

    • Eテレ
      毎週金曜 午後0時