ニュース速報

最新のエピソード

Eテレ
1月23日(土) 午後8:00 午後8:45

中高年が悩まされる肘の痛み「上腕骨外側上か炎」。「五十肘」とも呼ばれる。悪化すると、ものをつかんだり、雑巾を絞ったりするだけで肘に激痛が走るようになる。原因は腕の無理な使い方による肘の腱の炎症。軽症ならば、筋肉を柔らかくし腱の負担を減らすストレッチを行う。改善しなければ、手術や、自分の血液から血小板を取り出し患部に注射する「PRP療法」という治療のチョイスもある。肘に疲れをためない生活動作も紹介。

見逃し配信

    次回のエピソード

    • Eテレ
      1月30日(土) 午後8:00 午後8:45

      膝の痛みの原因は軟骨がすり減っておきる「変形性膝関節症」以外にもある。高齢者に多い「大腿骨か部骨壊(え)死」は、太ももの骨の膝側に小さな骨折が起き、膝に激痛が走る。運動をする人におきやすい「ジャンパー膝」こと「膝がい腱炎」は、腱の炎症が原因で膝のお皿のすぐ下が痛くなる。また半月板が傷つく「半月板損傷」は、スポーツによる怪我だけでなく加齢もその一因となる。それぞれの治療のチョイスを分かりやすく伝える

      1月30日ほか 放送予定へ

      見逃し配信

      • Eテレ
        1月23日(土) 午後8:00 午後8:45

        中高年が悩まされる肘の痛み「上腕骨外側上か炎」。「五十肘」とも呼ばれる。悪化すると、ものをつかんだり、雑巾を絞ったりするだけで肘に激痛が走るようになる。原因は腕の無理な使い方による肘の腱の炎症。軽症ならば、筋肉を柔らかくし腱の負担を減らすストレッチを行う。改善しなければ、手術や、自分の血液から血小板を取り出し患部に注射する「PRP療法」という治療のチョイスもある。肘に疲れをためない生活動作も紹介。

        その他のこれまでのエピソード

        この番組について

        患者の経験談をもとに、健康への選択肢を紹介する「チョイス@病気になったとき」。予防から早期発見、治療や日常生活の対策まで、どれがベストかは、実は人それぞれ。例えば治療なら、日数や費用、その後の生活まで、患者目線にこだわって、お医者さんにはきけない、でも本当は知りたいチョイスのポイントを紹介します。

        • 司会 八嶋智人 (俳優)

        • 司会 大和田美帆 (女優)

        • チョイスコンシェルジュ 松田利仁亜 (NHKアナウンサー)

        • チョイスコンシェルジュ 出田奈々 (NHKアナウンサー)

        放送

        • Eテレ
          毎週土曜 午後8時

        再放送

        • Eテレ
          毎週金曜 午後0時